会社情報
Company

1956年のはじまりから現在に至る、私たちのあゆみをご紹介いたします。

1956年ラーメン食堂創業ラーメン食堂創業
和弘食品のルーツ。ラーメン食堂として小樽に福来軒をオープン。その後小樽に2店舗、札幌すすきのに1店舗出店。計4店舗となり小樽の圧倒的な一番店へと成長しました。
1964年和弘食品の設立和弘食品の設立
北海道小樽市において生麺の製造販売、並びに各種スープの製造販売を目的として、和弘食品は設立されました。
1967年処方集不動の人気札幌ラーメンスープメーカーへの歩み
生麺の製造・販売から撤退し、本格的なスープ専業メーカーに転換いたしました。(写真は創業社長直筆の処方集)
1976年社屋多品種小ロット生産体制の確立
顧客のニーズに合った味の迅速な開発体制及び多品種小ロット生産を確立強化するため本社社屋及び小樽工場を北海道小樽市新光4丁目12番1号に新築・移転。
1981年天然エキス独自技術天然エキスの開発
天然エキス抽出技術を独自開発し、北海道岩見沢市大和に岩見沢工場を新設し、天然エキスの製造・販売を開始。
1986年関東工場販路拡大さらなる成長の加速
生産体制強化のため、関東工場を竣工。
1989年株式登録
社団法人日本証券業協会に株式を登録。(現 東証 JASDAQ)
1995年日清製油株式会社(現 日清オイリオグループ株式会社)と資本・業務提携
2002年本社移転
北海道小樽市新光4丁目12番1号から同市銭函3丁目504番地1へ移転。
2003年北海道工場北海道工場統合
北海道小樽市銭函の北海道第二工場の増改築を行い、ここに北海道小樽市新光の北海道第一工場の機能を移設。北海道工場として統合。
2013年改築関東工場関東工場を改築
顧客ニーズに合った製造体制・倉庫を新設し、生産体制の強化のため関東工場を改築。
2015年北海道工場WAKOU USA INC. 工場稼働開始
更なる業容拡大と成長を目指すべく、米国カリフォルニア州の現地法人に工場を設置し、現地でのOEM対応を開始。

和弘食品グループは、世界でご愛用いただくラーメンスープメーカーへ…

私たちは、創業原点であるラーメン食堂当時の想い、そして、多くのメーカーの方、得意先様、仕入れ先様、今までの出会いを忘れることなく、北海道産の新鮮素材を活かした「本物の味」「健康と安全」をつくり続けてまいります。